土地の有効活用を模索する|大阪市で底地の売却なら|三和都市開発株式会社<

営業時間:月・火・木・金(9:00~20:00)水・土(9:00~19:00) | 定休日:日曜
改装工事にて5月25日(土)臨時休業させていただきます。
5月27日(月)より平常営業いたしますので、
何卒よろしくお願い申し上げます。

土地の活用方法

有効な土地活用のために知っておきたいポイント

所有している土地の活用方法には、さまざまな選択肢があります。その土地の広さや立地、周囲の環境やニーズ、そして所有者ご自身のご希望に合わせた方法を選ぶことが大切です。

大阪市の三和都市開発株式会社では、土地の有効活用についてのご相談も承っております。不動産のプロとしての視点から、最善と思われる活用方法をアドバイスいたしますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

土地活用の方向性を定めましょう

収益性を重視した選び方

収益性を重視した選び方

有効な土地の活用方法として、収益を確保できるアパートやマンションの経営、コンビニのような店舗経営を検討される方もいらっしゃると思います。また、土地が広い場合には、太陽光発電という選択肢も。

どの活用方法にもメリットとデメリットがありますので、所有されている土地の立地や需要を調査したうえで、リスクの少ない方法を選びましょう。

安定性を重視した選び方

安定性を重視した選び方

収益よりも安定性を重視するなら、「固定資産税が払えるだけの収益を目指す」のもいいでしょう。例として、高収益は望めないものの、安定した収益が得られるコインランドリーなどが考えられます。

土地の広さや立地にもよりますが、医療施設や福祉施設などの長期一括借り上げも、安定性を求める場合にはおすすめの活用方法です。

初期投資額を重視した選び方

初期投資額を重視した選び方

その土地で何かを始めようとする場合、どうしても必要になるのが初期投資です。何をするかによって金額は変わってきますが、少ない初期費用でスタートできる活用方法として、駐車場経営やトランクルームなどを検討してみてはいかがでしょうか。

節税は期待できませんが、初期費用の低さというメリットが大きいため、人気の高い活用方法です。

節税対策を重視した選び方

節税対策を重視した選び方

節税対策をメインに土地活用をお考えの場合は、固定資産税の減税対象となる賃貸経営が向いています。部屋の稼働率が高ければ、収益性も見込めます。

ただし、どうしても高額な初期投資が必要となるため、しっかりとした資金計画が必要です。アパートやマンション、戸建ての住宅のほか、補助金が出るサービス付き高齢者向け住宅も検討の余地があるでしょう。

土地活用のメリットとデメリット
メリット

これまで活用されていなかった土地が、活用することで収益をもたらすようになる……それが、土地活用の一番のメリットだといえるでしょう。

さらに、アパートなどの賃貸経営で土地を活用するようになると、相続税評価額の50%引き下げや固定資産税の減額など、税制面で大きなメリットを得られるケースも。また、空き地問題を解消し、地域社会への貢献へ繋がるという一面もあります。

デメリット

土地活用のデメリットとして真っ先に挙げられるのは、初期費用がかかるという点ではないでしょうか。アパート経営をするにはアパートの建設費用や集客のための広告費がかかりますし、駐車場も更地のままというわけにはいきません。

投資した初期費用を回収できるだけの収益を上げられる保証もなく、赤字になる可能性も捨てきれないのです。

土地活用を成功させたいなら

信頼できる会社に依頼する

土地活用を検討する際、信頼できる業者に相談し、プロのアドバイスを聞くことは大変有益です。業者にはそれぞれ得意分野がありますので、希望する活用方法を得意とする業者を選ぶことが大切です。

一社だけに絞るのではなく、セカンドオピニオンをもらうためにも、複数の業者や金融機関などで専門家の意見を聞くことをおすすめします。

複数の土地活用プランを比較する

土地活用の選択肢は一つではありません。その土地の立地や形状、周囲の環境などを考慮に入れて、考えられる活用方法のプランをいくつか比較・検討し、その土地にとって最適と思われる方法を選びましょう。

収益性や安定性、税負担といった要素はもちろん、その土地周辺のニーズをきちんと見極めるのも、土地活用のプランを選ぶ際の重要なポイントです。

「売る」それとも「活用する」
お得なのはどちら?

「売る」それとも「活用する」お得なのはどちら?

土地を所有しながら活用するのも、売却してしまうのも、それぞれにメリットとデメリットがあります。うまく運用できれば継続収入を得られるため、収益を目的とする場合には土地活用が向いているかもしれませんが、損失を出すリスクはつきものです。

リスクを取らずに売却すれば、確実に現金化はできますが、その土地の所有権は失ってしまいます。もし、思い入れのある土地を手放す決心がつかないなら、売却せずに有効活用の道を検討してはいかがでしょうか。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット デメリット
土地活用
  • 定期的な収入が見込める
  • 土地の所有権があるため、自由に管理することが可能
  • 収益化がうまくいかないと、赤字になるリスクがある
土地売却
  • 確実に土地の現金化ができる
  • リスクを取る必要がなくなる
  • 土地の所有権がなくなる

代表的な土地の活用例

収益性が高い「アパートやマンション経営」

収益性が高い
「アパートやマンション経営」
賃貸での収益を見込める地域で、賃貸住宅を建設できる広さの土地と資金が用意できる場合には、アパートやマンション経営をおすすめします。戸数が多い建物なら、稼働率が低くなるリスクも少なく、安定した収益が期待できます。

初期投資を抑えられる「賃貸戸建経営」

初期投資を抑えられる
「賃貸戸建経営」
すでに戸建ての建物がある場合には、リフォームするだけで済むので、初期費用も抑えられます。ただし、基本的には一軒に一家族が住むことになるため、借り手がいないと収入がゼロになってしまいます。広めの住宅なら、シェアハウスを検討してもいいでしょう。
短期的にも活用可能「駐車場経営」
駐車場は初期費用が少なくて済み、大きな建物を建設する必要もないため、土地活用の初心者でも手軽に始められる方法です。将来的に他の用途で土地を使う可能性がある場合にも、転用が比較的容易なのも魅力です。
建築費の負担が不要な「貸地」
土地を貸地としてスーパーやコンビニ、保育園、老人ホームなどの建設のために貸し出す方法もあります。収入として地代や更新料は入ってきますが、契約期間が終わるまではその土地を自由に利用できないため、他の用途への転用は難しくなります。

Icon Tel06-4706-3300

Icon Search24時間いつでもOK!
無料査定はこちらから!

LINE logo

トップに戻る