不動産の買取について|大阪市で土地・底地の売却なら|三和都市開発株式会社<

営業時間:月・火・木・金(9:00~20:00)水・土(9:00~19:00) | 定休日:日曜
改装工事にて5月25日(土)臨時休業させていただきます。
5月27日(月)より平常営業いたしますので、
何卒よろしくお願い申し上げます。

家をできるだけ早く売りたい(不動産買取)

  • ホーム
  • 家をできるだけ早く売りたい(不動産買取)

少しでも早く現金化したいなら「不動産買取」

不動産会社を通じて買主様を探す「仲介」での売却に対して、不動産会社自身が買い手となる売却方法が「買取」です。買取のメリットは、すぐに現金化できることや売れにくい物件でも売却が可能な点にあります。

大阪市の三和都市開発株式会社では、買取での売却を積極的におすすめしています。詳しくはぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

不動産に関するこんなお悩みは
ありませんか?

  • すぐに現金が必要なので早く売りたい
  • 住み替え先の物件が決まっているので、早く売って購入資金に充てたい
  • 周囲の人に知られずに売却したい
  • リフォームをすすめられたが、そのための費用がない
  • 面倒な内見の対応をしたくない
  • 使用していない土地の税金を払い続けたくない
  • 管理費や修繕積立金の支払いを負担に感じる
  • 売却で老後の資金を確保しつつ、そのまま住んでおきたい方

「早く売りたい!」なら
不動産買取をおすすめします

「早く売りたい!」なら不動産買取をおすすめします

仲介による売却では、購入希望者が現れるまで待たなくてはなりません。さまざまなご事情から、すぐにまとまった現金が必要な場合には、当社では買取をおすすめいたします。

買取は不動産会社が買い手となって売主様から直接購入するため、「仲介」という手間がかかりません。広告などで買主様を探したり条件を擦り合わせたりする必要もなく、価格で合意に至りさえすればすぐに売却が実現します。

訳ありの物件や立地などに問題があって売却しにくい物件でも、条件さえ折り合えば買取が可能です。また、宣伝する必要がないため、周囲に売却することを知られずに済むのも買取のメリットだといえるでしょう。

ただし、買取の場合はどうしても仲介の場合よりも価格が安くなってしまうため、事前に十分な検討を重ねることが大切です。

PICK UP!

不動産のお悩みは三和都市開発が解決します!

不動産のお悩みは三和都市開発が解決します!

売却はしたいけれど、手続きが面倒で放置している……そんな物件をお持ちではありませんか? 大阪の三和都市開発株式会社は、お客様のお手間を省くスムーズな解決方法のご提案をいたします。

買取でご売却いただける場合、ご相談から査定、相続登記、測量や建物解体費用までが無料なので、査定金額がそのまま手取りとして残ります。売却にかかわるご希望やお悩みがありましたら、ぜひ不動産売却のプロフェッショナルである当社までご相談ください。

買取で売却する際のメリット

1.仲介手数料がかかりません
仲介手数料は、売主様と買主様の間のお取引を不動産会社が仲介することで発生します。しかし買取の場合には、買主である不動産会社と売主様の間で直接売買をするため、仲介手数料が発生することはありません。
2.短い期間で現金を
受け取ることができます
仲介による不動産売却の場合は、買主様が見つかって契約が成立し、支払いを現金化できるまでには通常7か月ほどかかるといわれています。買取なら早ければ3日~1週間ほどで、現金を受け取ることが可能です。
3.契約不適合責任が
免除されます
不動産を売却する際、売却する物件の状態が契約書通りかどうか、雨漏りやシロアリ被害、設備の故障などの欠陥がきちんと契約書に書かれているかということが後々問題なることがあります。買取の場合、この契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)が免除されます。
4.内見の必要がないので
手間がかかりません
仲介の場合は購入希望者が現れた際、建物の中を見せる内見が必要になりますが、実際に生活している空間を他人に見られるのはストレスの大きいもの。買取の場合は不動産会社が査定をする際に拝見するだけなので、内見の手間もかかりません。
5.売れにくい物件でも、
買取が可能な場合も
あります
老朽化していたり立地が悪かったりという理由で、なかなか売れない物件もあります。また、心理的瑕疵のあるいわゆる事故物件の場合も、仲介での売却は難しいもの。買取ならそのような訳ありの物件でも、売却できる可能性があります。
6.近隣の人に知られずに売却できます
買取の場合は宣伝をする必要がないため、近隣にチラシを配ったり、店頭に物件情報を貼り出したりすることもありません。そのため周囲の人たちに売却を気づかれる可能性は少ないでしょう。
7.測量、解体、残置物撤去費用もかかりません
地の面積や高低差などを機械で測り、図面に表す測量や、機械を使って家を取り壊す解体、面倒な残置物撤去などの費用も一切かかりませんので簡単に売却可能です。

できれば物件を直接拝見させてください

できれば物件を直接拝見させてください

買取の際の売却価格は、査定価格に基づいて決定しますが、立地やアクセス、建物の状態、周囲の環境など、机上での査定だけではわからない部分も多いのです。簡易査定でもある程度の数字を出すことは可能ですが、やはり実際に拝見した方がより正確な金額を提示できます。

査定から金額決定、契約成立、お支払いまでの工程もスムーズに進みますので、できれば一度、直接物件を確認させていただければと思います。

基本的な不動産買取の流れを
おさらいしておきましょう

事前の準備

買取を依頼する物件の査定に必要な書類を準備します。より正確な査定価格を算出してもらうためにも、以下の書類や資料があればぜひ用意しておきましょう。

  • 固定資産評価証明書もしくは公課証明
  • 登記済権利証もしくは登記識別情報
  • 建物の図面
  • 地積測量図
  • 間取り図やパンフレットなど(マンションの場合)

また、ご自分でも事前に売却価格の相場を調べてみるのをおすすめします。近隣の同じような物件の値段を調べたり、複数の不動産会社に簡易査定を頼んでみたりするといいでしょう。ただし、買取の際の価格は、仲介の場合の70~80%ほどになることを覚えておいてください。

査定依頼

査定依頼

相場をある程度把握したら、不動産会社に買取査定を依頼します。査定の方法には簡易査定(机上査定)と訪問査定がありますが、正確な査定額を知る必要がありますので、この段階では訪問査定をしてもらいましょう。

訪問査定とは、不動産会社の担当者が実際に物件を訪れて、立地や周囲の環境、不動産の状況などを直接調べる査定方法です。ここで査定を依頼した業者に、必ず買取してもらわないといけないわけではありません。複数の不動産会社に依頼して、結果を比較することをおすすめします。

買取価格の提示
査定を依頼した不動産会社に買取価格を提示してもらいます。実際には、査定額と売買価格が違ってくる可能性もあります。査定額がそのまま買取価格になるわけではないという点を理解しておきましょう。
打ち合わせ

打ち合わせ

提示された買取価格で合意し、依頼する不動産会社の選定が済んだらいよいよ打ち合わせに入ります。この打ち合わせでは、引き渡し条件の確認や買取までのスケジュールの調整を行います。

その際、物件に残っている家財道具などの処分費用や方法、設置されている空調設備の扱い、売却代金の決済時期などについても、きちんと合意して文書に残しておきましょう。

契約

いよいよ売買契約の締結です。この際、一般的には以下のような手続きが行われます。後々のトラブルを避けるためにも、契約書はきちんと確認するようにしましょう。

  • 契約書の読み合わせ
  • キッチンや空調設備など、物件の付帯設備の確認
  • シロアリの被害や雨漏りの有無、給排水管の故障など、物件の瑕疵(かし)の確認
  • 契約書への記名・押印
  • 手付金の受領
物件の引き渡しと残金決済

物件の引き渡しと残金決済

契約の手続きがすべて終わったら、残代金を受け取って、物件を不動産会社に引き渡します。一般的に、引き渡しの手続きは銀行などの金融機関で、司法書士の立会いのもとで行われます。本人確認や残代金の受領、抵当権抹消手続きなどが済んだら、関係書類や鍵を不動産会社に引き渡し、売却の手続きは終了です。

PICK UP!

価格の提示後に仲介売却へ切り替えることも可能です

買取を前提に売却のお話を進めていた場合でも、途中でやはり金額に納得がいかないと思われたり、現金化を急ぐ理由がなくなったりした場合には、仲介での売却に切り替えていただいても問題ありません。

不動産の売買は大きな金額の動く取引であり、じっくりと検討したうえで進めないと後悔する事態にもなりかねません。十分な時間をかけて、納得のいく売却方法をお選びください。

Icon Tel06-4706-3300

Icon Search24時間いつでもOK!
無料査定はこちらから!

LINE logo

トップに戻る